イタリアではトマトのことを「ポモドーロ」と言います。

「黄金のリンゴ」という意味なのですが、なぜ黄金色なのでしょう?

 

大航海時代、南米からやってきたトマトが、小さな黄金色の実だったから、だそうです。

 

 

ナスは英語で「エッグプラント(卵のなる木)」と言います。

ナスはインドの白なすが原種で、そのカタチや色が卵に似ていたため、そう呼ばれるようになったそうです。

 

 

 

世界に目を向けると、野菜って、色とりどりで、カタチも様々!

見て楽しくて、食べて美味しい。

 

そんな野菜を知る事で、どこかで誰かがほんの少しでも笑顔になることがあったなら

ゆずもファームにとって、それはなにより嬉しいことなのです。